納得のいく会社売却をするための方法とは?

医者

不動産投資をしよう

通常の不動産投資では、一定の付加価値のある物件に投資をするのが一般的です。しかし、すでに価格が高騰していれば急落するというリスクもあります。しかし、開業を考えている医師であれば、職業を活かした資産運用をすることができます。医師という職業を活かした上手い資産運用をしていきましょう。

工場

既存設備を生かして

大阪には、稼働していない工場を貸工場として、紹介している不動産業者がいます。すぐにでも増産をしたいときには、契約に必要な条件をクリアし、同業の貸工場を利用することで、速やかに生産活動を開始することが可能です。

最後まで納得のいく交渉を

オフィス

アドバイザーと二人三脚

会社売却を検討している経営者は、まず最初に良いアドバイザーを見つける事が大事です。アドバイザーを介する事によって、満足の出来るM&Aを進めることが出来ますし、M&Aに関わる手続きをアドバイザーにお願いすることが出来ます。一緒に会社売却を進めていきたいアドバイザーが見つかりましたら、機密保持契約とアドバイザー契約を結びます。特に機密保持契約は、どんなに信用が出来そうなアドバイザーであっても、必ず締結するようにしましょう。その後、買い手会社をアドバイザーを介して探します。お互いの条件や提案書を見て、良い交渉が出来そうであれば、経営者トップ同士の面談を行います。このトップ面談において、双方の経営に関する考え方や方針に対する理解を深めていき、ずれがあれば修正できるか判断していきます。そして条件面を詰めていき、買い手側の買収の意思があれば意向表明が出されます。会社売却する側は、この意向表明に問題ないとみなせば基本合意を結びます。これは、売り手と買い手双方による契約書へのサインが必要です。その後は、買い手側によるデューデリジェンスが実施されます。具体的には、売り手側の財務状況や経営状況を審査します。デューデリジェンスが無事終了しましたら、最終譲渡契約を結びクロージングへを向かいます。クロージングとはいわゆる決済の事でして、譲渡に関わる対価の決済の他、株券の引き渡しなどが行われます。これで、会社売却の手続きは完了となります。

お札を持つ男性

顧客需要を考慮する

店舗開業するのに一番大事な要素が立地です。顧客の需要があることと、いかに認知してもらうかが今後の経営に大きな影響を与えることになります。店舗開業は投資のひとつです。一日でも早く投資回収できるように戦略を練ることが大事なのです。